キバネツノトンボ

今回は連休を取り、子供2人を連れて福島県へ遠征してきました。
撮影目的は、ニセヤツボシカミキリなど・・・。
朝8時くらいに現地に到着したいと思っていたのですが、その為には自宅を2時に出発しないとなりません。
なるべく多く睡眠をとって行きたいところでしたが、よりによって金曜は残業にφ(..;)
結局、2時間半しか寝れませんでした・・・。
疲れた身体にムチを打って、クルマを走らせます。
東京、埼玉、茨城、栃木を越え、ようやく福島の山奥に入った頃は気温が12℃・・・。
ポイントについても気温が低すぎて、殆ど虫を見る事は出来ませんでしたので、ロケハンをしながら時間を潰します。
気温が上がってきたところで、ポイントに戻り散策開始です!
今度はあちこちにカミキリの姿を見る事が出来ますが、居るのはゴマフ、ツマグロハナかハネビロハナばかり・・・。たまにキスジトラが見れる程度です。
材もそれほど多くなく、古くなったのも多いので、あまり飛来しないのか!?
ここまで来て、何も成果が無いのは辛いところ。
暫く悶々と探していると、遠くで子供たちが私を呼んでいました。
その口調から目当てのカミキリでは無いことは分かりましたが、子供たちのもとに行ってみると、息子が「キバネツノトンボだよ」と一言。
キバネツノトンボは過去に飛翔している個体を何度か見た事はありますが、まだ撮影出来ていなかったので、思わぬ被写体です!
目的ではありませんでしたが、撮影できた虫がゼロではなくなったので、ホンの少しだけ気が楽になりました(^^;



1.思うような虫の出会いが無い時に嬉しい出会いとなったキバネツノトンボ。
e0337826_14122300.jpg

2.複眼が2つ重なっているように見える・・・。
e0337826_14141274.jpg


3.雄の尾はハサミムシのような形になています。こちらの方がフォトジェニックでGOOD!
e0337826_14145403.jpg


4.3年前、同種のツノトンボは撮影していますが、やはり綺麗な“キバネ”の方が良いですね!
e0337826_14160252.jpg


5.顔も撮影しておきます。
e0337826_14164176.jpg
キバネツノトンボ
Ascaraphus ramburi
ツノトンボ科ツノトンボ亜科
日付 : 2017/6/17
場所 : 福島県南会津郡





[PR]
by umajin2 | 2017-06-20 14:36

息子との虫散策日記です。


by うまじん