トガリバアカネトラカミキリ

この日は、超マクロに慣れるべく地元のフィールドへ撮影に行きました。
まず、始めに出会ったのがトガリバアカネトラカミキリです。
手前の下草で、超マクロでも撮れる位置に居たのでチャレンジしてみました。
ワーキングディスタンスは2~3㎝なので、ピントが合うまで接近した頃には逃げてしまうだろうと思っていたら、意外に大人しい。
居眠りでもしていたのでしょうか(笑)
ただ、目の前でストロボが発光すると、流石に逃げ出しましたけど(^^;

超マクロは難しいですね。
今回の撮影で感じた事は、あまりにも接近する撮影なのでレンズの影で被写体が暗くなり
ファインダーで像が見えない事がありました。
何かライトを後付けする必要がありそうです。


1. 材に居たトガリバアカネトラカミキリ。大人しかったのでほぼ最短撮影距離での撮影
e0337826_23571380.jpg




2. こちらは、葉の上でまったりしていた個体。まずは100mmマクロで撮影した後、超マクロのモデルになってもらいました。
e0337826_22115790.jpg

3. 超マクロ。改造レンズに2倍テレコンを装着しての撮影です。デカッ!  
e0337826_22123060.jpg

4. あの小さなトガリバアカネトラカミキリが入りきらないので、少しワイド側に(;^_^A
e0337826_22133432.jpg

5. この大きさでズームレンズ50mm付近です(2倍テレコン装着で100mm付近)
e0337826_22135884.jpg
トガリバアカネトラカミキリ
Anaglyptus(Anaglyptus) niponensis BATES,1884
カミキリムシ科カミキリ亜科トガリバアカネトラカミキリ族トガリバアカネトラカミキリ属
体長 : 約10mm
撮影日 : 2016/5/1
場所:神奈川県横浜市









[PR]
Commented by かえで☆ at 2016-05-19 09:07 x
10mmのトガリバアカネトラカミキリですか!
とても良いですね~超マクロ。
ピント合わせに慣れたら 鬼に金棒ですね~★
Commented by umajin2 at 2016-05-19 12:42
かえで☆さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
超マクロ、大変ですが早く感覚を掴み、モノにしたいです。
といっても、全部デカくすれば良いってものでもないので、100mmマクロと併用します。
大抵は逃げられてしまう事が多いですし・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by umajin2 | 2016-05-17 08:52 | Comments(2)

息子との虫散策日記です。


by うまじん