人気ブログランキング |

アカジマトラカミキリ

9月の1週目と2週目の土日は、以前から連休を取っていた。
アカジマトラカミキリを探しに遠征する為だ。
お盆休みは惨敗だったので、気分的にもアカジマトラカミキリは撮影しておきたい。
しかし、昨年もチャレンジしたのだが見事に撃沈・・・。少しレアなカミキリだけあって、そう簡単には撮らせてくれなかった。
今年もまた同じポイントを選んだが、また坊主で帰る惨めな自分達が頭を過ぎる。
調べでは、夕方に活動するカミキリのようなので、いつもよりは遅い出発にした。
途中の池で、タイコウチやミズカマキリを観察したりとのんびりだ。
現地には、12時半に到着し、飛来しそうなケヤキを確認するなどロケハンを済ました。
昼食を済ませ、14時に念の為、ケヤキを見回ったが姿はなし。
クルマに戻り、息子とテレビを見ながら時間を潰しているうちに眠くなってきた・・・。
15時、爆睡中の私に息子が 「ケヤキを見てくる」 と言って出て行った。
すると、直ぐに 「お父さん! 」、 「お父さん!!」 と、息子の叫び声がした。
私は飛び起きた!
尋常でない叫び声に、アカジマトラカミキリを発見したのだろうと直ぐに分かったからだ。
クルマを飛び出て、息子が指すケヤキの幹を見た途端、確かめる前にそれは飛んでしまった・・・。
目で追うと、直ぐに着地したが地上3mほどの葉上に止まったようで、下からでは姿が見えなくなってしまった。
「これで終わりじゃ嫌だよ!」、「姿が見れて撮れないなら、見れなかった方が良い」 と、息子は悔しがっていた。
その後、息子は別のケヤキを探しに行ったが、私は葉の上の個体がまた現れるのでは?と此処に残る事にした。
10分ほど経って息子が戻ってきたが、他のケヤキでは見つけらなかったようだ。
私達は諦めきれずに、アカジマトラカミキリが着地した付近を重点的に探し始めた。
すると、 「アカジマだ!」 と息子が叫んだ。
どうやら着地した葉から枝を伝って幹に戻ってきたようだ。
早速撮影開始だ!撮影で失敗は許されないのでいつも以上に緊張した。
息子も足が震えたという。こんな事は珍しい・・・初めてルリボシカミキリを見つけた時くらいだろうか・・・。
撮影を終えたのが15時40分なので、30分ほど撮影していたようだ。
想定していたより出現が早かったので、このまま自宅へ帰ることもできたが、息子の希望で一泊してゆっくり帰ることにした。
この日の夕飯は、アカジマトラカミキリを見つけた褒美として、息子はうな重を注文(笑)
私は、温泉後、ビールで乾杯しアカジマトラカミキリの話で大いに盛り上がった。
その後は、息子の目当てでもある 灯火で虫探しをした。泊まりたかったのは、これが出来るからだ(笑)
カミキリとしてはたったの1種なのだが、大変満足感の高い充実した1日となった。



1. ケヤキの大木に飛来したアカジマトラカミキリ。 
e0337826_10164187.jpg




2. 必死の撮影会が始まった(大汗)
e0337826_10175804.jpg
3. 体長は15mmあるので大きさ的には撮影は難しくないが、やっとの思いで見つけたカミキリなので緊張感が半端ない(焦)
  ※実際、見つけたのは息子で、私は爆睡していた(笑)
e0337826_10195648.jpg
4. 鮮やかな赤色に黒い斑紋は、1度見たら忘れない強烈な色使いだ。
e0337826_10210002.jpg
5. 前からも撮影。
e0337826_10213973.jpg
6. 開翅シーン。逃げられてしまうかもしれない超真剣&緊張の1コマ。
e0337826_10225050.jpg
7. 後翅で羽ばたき、飛び立つ一瞬だ。
e0337826_10253423.jpg


アカジマトラカミキリ
Anaglyptus(Akajimatora) bellus MATSUMURA et MATSUS
カミキリムシ科カミキリ亜科トガリバアカネトラカミキリ族トガリバアカネトラカミキリ属
体長 : 15mm
撮影日 : 2015/9/5
場所 : 長野県諏訪郡




















Commented by mikiosu at 2015-10-15 02:54
こんにちは。
アカジマトラカミキリとの出会い、おめでとうございます!
私も一昨年の9月12日、東京郊外の街道脇のガードレールで撮ったことがあります。
動きが速くて数枚撮ったら逃げられました。13時22分の撮影でした。
その日は近くの売店でタヌキ蕎麦を食べたような気がします。私も褒美にうな重食べたいです(笑)。
Commented by かえで☆ at 2015-10-15 10:45 x
秋の美麗なレア物~アカジマトラカミキリgetでしたか~★
昆虫博士君の叫びが聞こえて来る様で~目に浮かびます。
そして父子とも極限に近い興奮度…!! 凄く羨ましい~♪
読者側も「手に汗握る」とはこの様な状況を指すのでしょう~!

やっぱり最強コンビの博士君~充分「鰻重」に値するお手柄です。
後10年すれば、二人で乾杯出来ますよぉ~~★
ここまで来たら、次はオオトラさんですか~?v^◇^)
Commented by 旅姿 at 2015-10-15 22:33 x
アカジマ撮影の件はお伺いしていたので
楽しみに待っていたのですが
素晴らしいアーティクルになっていますね。
ワクワク読み、最後の開翅で感動しました。
いや、お見事!  
でもこの素晴らしいアーティクルを考えれば
うな重は安い買い物だったのでは!?

ではでは。。。。。。や
Commented by kame-photo-2 at 2015-10-16 22:51
こんばんはです!
恐ろしくド派手なカミキリですね〜(笑)
同化してると見つけるのは大変ですが、この色なら楽勝・・
ただし居ればの話しですが・・
Commented by umajin2 at 2015-10-18 07:46
みき♂さん、おはようございます。
ありがとうございます!
アカジマトラカミキリをネットで検索したとき、みき♂さんの記事を拝見してました。
アカジマトラカミキリとの出会い、羨ましく思っておりました。
私も東京にも居ることは知っていたのですが、
この時はポイントが分からなかったので遠征となりました。
来シーズンは東京で!
Commented by umajin2 at 2015-10-18 08:03
かえで☆さん、おはようございます。
思い入れの強いカミキリなので長文になってしまいました(汗)
状況が少しでも伝わってくれたらと思い書きました。
私たちの中では、これ以上のカミキリは殆ど居ないので
非常に興奮しましたよ(笑)
そうですね~後、10年すれば一緒に乾杯できますね!
それも楽しみかもしれません。
Commented by umajin2 at 2015-10-18 08:15
旅姿さん、おはようございます。
お褒め頂きありがとうございます!
長文、最後までお向き合いありがとうございます(汗)
いや~興奮しましたよ(笑)
これ以上のカミキリは中々居ません。
強いて言えば、モミのヤツですね!
モミのヤツを見つけたら、うな重2段重ねですかね(笑)
アカジマトラカミキリ、お互い撮影できて良かったですね。
Commented by umajin2 at 2015-10-18 08:26
kameさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!
赤黒の縞々はド派手ですね!
葉や花についていれば目立ちますが、ケヤキの幹にいると
意外に目立たないんですよ~
また、来シーズンも狙いたいと思います!
Commented by hirokou at 2015-10-31 19:55 x
すっかり遅いコメになってしまいました(*_*)
ともあれおめでとうございます。
これは美麗種ですね!
近所に赤いベニカミキリがいますが、この黒斑が赤を引き立てて
素晴らしい。
息子さんも虫好き、強い助っ人ですね!
Commented by umajin2 at 2015-11-06 08:40
hirokouさん、おはようございます。
ありがとうございます!
ようやくアカジマトラカミキリを撮影出来ました。
といっても探したのは2回目ですが…。
東京にもいるのですが、ポイントが分からなかったので遠征になりました(汗)
赤いカミキリは多くはないですよね~
この辺りですと、本種と、ベニ、ツマグロベニ、ホシベニくらいでしょうか?
アカハナは鮮やかな赤ではないですし…。
息子は色々な場面で強力な助っ人です。
私一人だったらここまで撮影出来ていないでしょう。
Commented by himeoo27 at 2015-12-06 07:36
クッキリした赤と黒・・・・・・・・・
これは綺麗なカミキリムシですね!
下のセスジスカシバとあわせて撮影して
みたくなりました。
Commented by umajin2 at 2015-12-28 21:50
ヒメオオさん、こんばんは。
ご返事大変遅くなり申し訳ございません。
このカミキリは是非とも撮影しておきたかったので嬉しかったです!
現在、私の方はすっかり冬眠状態でして何処へも行っておりませんし撮影もしておりません・・・。
また、来春になりましたら活動を始めますので、また宜しくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by umajin2 | 2015-10-14 18:54 | Comments(12)

息子との虫散策日記です。


by うまじん