ルリボシカミキリ

タマムシの次はルリボシカミキリだ。
これも思惑とおり・・・。
2012年に念願の出会いとなり、それ以降毎年見掛けるカミキリになった。
よく見掛ける虫は飽きてしまう事が多いが、ルリボシカミキリは毎年見ても飽きが来ない。
この鮮やかな水色、対に入る黒い斑紋、触覚の節の短毛、カミキリらしいフォルムなど、どれをとっても素晴らしい。
斑紋は個体差があるので、どんな形が良いかは好みによるところか…。
学名である、“ロザリア” とは、美しい乙女を象徴する女性名とされているらしく、何とも響きの良い美しい名前だろう。
正に私にとって欠点が見当たらないカミキリだ。
この時は3頭確認できた。
来シーズンも、きっとまた会いたくなるだろう。



1. 材に来ていたルリボシカミキリ。見つけた瞬間、ハッとする美しい水色だ。
e0337826_14191907.jpg




2. 開翅シーン。
e0337826_14222413.jpg
3. また開翅シーン。
e0337826_14230697.jpg
4. またまた開翅シーン(笑)
e0337826_14234162.jpg
5. アカマツにも別個体。ここの土場は広葉樹と針葉樹の両方あるので、たまたまアカマツに着地したのだろう。
e0337826_14243111.jpg
6. ロザリアという名に相応しい美しい種だ。
e0337826_14251680.jpg
7. 更に別個体。ベニボシも1度で良いから撮影してみたい。
e0337826_14255957.jpg
8. 正面から。
e0337826_14263829.jpg






ルリボシカミキリ
Rosalia(Rosalia) batesi HAROLD,1877
カミキリムシ科カミキリ亜科ルリボシカミキリ族ルリボシカミキリ属
体長 : 24mm
撮影日 : 2015/7/26
場所 : 山梨県韮崎市














[PR]
by umajin2 | 2015-09-24 20:27

息子との虫散策日記です。


by うまじん