ヒラヤマコブハナカミキリ

林道を折り返し、また同じ道を引き返す・・・。
片道での撮影は、ツバキシギゾウムシとヒラズネヒゲボソゾウムシにトゲハラヒラセクモゾウムシだけ。
しかし、後者2種は大した収穫にもならないので、ツバキシギゾウムシ1種だけのようなもの。
そういえば、途中に捕虫網を持った大学生くらいの輩がいたが、その輩も手持ち無沙汰のようだった。
暫く歩くと、足元のタンポポに赤い虫が付いていた。
アカハネムシだろう、と思いながら足も止めずにスルーした。
息子が 「撮らなくていいの?カミキリじゃない?」 と言ってきた。
カミキリだったか・・・でもカミキリだとしてもアカハナカミキリだろうな・・・と思いながらも一応戻ってみた。
しゃがんでタンポポの上のカミキリをよく見てみた。
よく見かけるハナカミキリと違い、全体的に平たく、獰猛そうな顔つきだ。
もしかして!? ヒラヤマコブハナカミキリという案外レアなカミキリかもしれない。
偶然にも前日の会社帰りに、スマートホンでこのカミキリについて書かれた記事を読んでいた。
アカメガシワの洞にいるらしく、普通では見ることが難しいようだ。
その場でその記事を確認してみると、やはり似ている。
写真を数枚撮り、自宅で調べてみた結果、ヒラヤマコブハナカミキリと分かった。
今まで全く気にしていなかったカミキリだが、見ることが難しい種だと分かると出会えて嬉しいものだ。
前日、その記事を見ていなかったら気に掛からず撮影していなかったことだろう。



1. 顎が大きく一般的なハナカミキリよりワイルドな感じだ。
e0337826_01394.jpg




2. 全体的に平たい印象を受けた。
e0337826_23493618.jpg

3. アカメガシワの洞で生活する習性が分かるまでは稀な種だったらしい。でも、この個体はタンポポにいた(笑)
e0337826_23501620.jpg

4. 被写体が少なく哀れな父子の為に目立つ所に出てきてくれたのか? ありがとう!さようなら・・・
e0337826_23504571.jpg

5. と、思ったら直ぐ落ちた(笑)
e0337826_23511942.jpg

ヒラヤマコブハナカミキリ(カミキリムシ科:ハナカミキリ亜科)
撮影日  :2015/4/29
撮影場所:東京都八王子市





[PR]
by umajin2 | 2015-05-11 20:08

息子との虫散策日記です。


by うまじん