キッコウモンケシカミキリ 2

昨年6月に初見初撮りしたキッコウモンケシカミキリ。
その時の個体は擦れで、白い“亀甲紋”が消えかかっていました。
いつか、しっかり“亀甲紋”が分かる個体で撮り直したいと思っていましたが、
この日は、あちこちの枯れ枝で確認することが出来ました。
その中でも、なるべく大きくて“亀甲紋”がハッキリしている個体を撮りたかったのですが、
見た目によらずよく動き回り、どの個体も止まってくれません(汗)
もう、キッコウモンケシカミキリの撮影はうんざりって感じです(苦笑)



1. “亀甲紋” がハッキリと分かる個体。
e0337826_22013911.jpg




2. 枯れ枝と同じような体色をしていますね。
e0337826_22001262.jpg


3. 大きく撮影して見ると、“亀甲紋”は白い短毛なのが分かります。
e0337826_22024587.jpg
キッコウモンケシカミキリ
Exocentrus testudineus MATSUSHITA,1931
カミキリムシ科フトカミキリ亜科モモブトカミキリ族アラゲケシカミキリ属
場所: 山梨県富士吉田市
機材: EOS Kiss X6i + EF28-80mm f/3.5-5.6 V(改)+ PRO300 2.0X DGX + MT-24EX






[PR]
Commented by ita at 2016-08-17 07:56 x
この手の微小種は触覚がなびく程度に軽く息を吹きかけると動きが止まりますよ。触覚閉じちゃうので動きを再開する瞬間に撮影です。
強すぎると吹き飛んじゃいますが^^
Commented by umajin2 at 2016-08-18 07:39
Itaさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!
そうなんですか!? そんな裏技があるんですね!
ありがとうございます!
でしたら、こんなに苦労しないでも撮影出来たかもしれませんね(汗)
次回、このような微小種を撮影する際は
私のホットブレスを浴びせてみます(笑)

by umajin2 | 2016-08-17 01:23 | Comments(2)

前ブログ(デジカメ写真生活)の続きとなりますが、虫に絞った掲載です。 私の散策で見つけた虫は、“採り”より“撮り”優先です(^^) なるべく綺麗に撮影し、紹介出来ればと思っています! 素人ですので、同定に誤りがありましたら優しくご教示ください(^^;


by うまじん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31