ヒメマルカツオブシムシ

今年は、今までと少し違った写真も撮りたいと思っていました。
“小さい虫を今まで以上に大きく”撮れたら・・・みたいな。
私はカメラはキヤノンを使用しているので、MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトという等倍から5倍まで撮れるレンズが選択肢にあります。
しかし、最安値でも10万円以上しますし、調べていく内にかなり難しいレンズと分かりました。
使いこなす前に嫌になって防湿庫の肥やしになっては、後悔しきれません(;^_^A
そこで、虫撮影仲間の旅姿さんが使用している改造レンズを真似してみる事にしました!
標準ズームレンズの前玉を外してしまう荒業です。
この辺りのズームレンズですと中古で5,000円程度で販売しています。
試しですし、前玉も外してしまうので中古で十分です。
それに万一、改造中に壊れたり飽きたりしても被害は少ないですし(-ω-)/
幸いにカメラ本体とマクロライトはもう1台ずつあるので、買うのはこのレンズのみとなり出費をかなり抑える事ができました。
ただ、カメラ2台態勢は体力的に厳しいので、カメラバックを背負っている時のみになりそうです。

ゴールデンウィークに実家に遊びに行った時、この改造レンズを試すのに庭を物色してみました。
居ました!居ました!
ヒメマルカツオブシムシです。
小さくて試すのに最適ですね~
早速、試し撮りをしてみました!


1.まずは、いつもの100mmマクロで、ほぼ最短撮影距離での撮影です。
e0337826_23324713.jpg





画像2~5が改造レンズ+2倍テレコンで撮影したものです。

2.ズームレンズのワイド側28mm(テレコンで56mm)で撮影。
  このような画角ならば100mmマクロの方が撮りやすいですが、改造レンズの写りは100mmマクロに負けず、解像力がありシャープです。
 
e0337826_23412740.jpg

3.ワイド側80mm(テレコンで160mm)で撮影。
3mm以下の小さいヒメマルカツオブシムシが怪物のように大きくなります(笑)
e0337826_23345184.jpg

4.100mmマクロには2倍テレコンを装着していないので単純には比較できませんが、画像1のヒメマルカツオブシムシの大きさを2倍にしてみても、
改造レンズの方が圧倒的に大きいですね。
e0337826_23352657.jpg
5.ピント合わせはAFもMFもできません。
カメラを前後してピントを合わせますが激薄、しかも被写体までの距離は2~3cmほどです(*_*;
  これだけ近づけば大抵の虫は逃げますね・・・。
e0337826_23375304.jpg
ヒメマルカツオブシムシ
Anthrenus verbasci LINNE
カツオブシムシ科マルカツオブシムシ亜科マルカツオブシムシ属
大きさ : 約3mm 
撮影日 : 2016/4/29
場所 : 神奈川県横浜市





[PR]
by umajin2 | 2016-05-10 00:04

前ブログ(デジカメ写真生活)の続きとなりますが、虫に絞った掲載です。 私の散策で見つけた虫は、“採り”より“撮り”優先です(^^) なるべく綺麗に撮影し、紹介出来ればと思っています! 素人ですので、同定に誤りがありましたら優しくご教示ください(^^;


by うまじん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31