ニセフタオビヒメハナカミキリ

標高は、2,000メートルくらいだろうか・・・。
シシウドの花にはたくさんのハナカミキリが集まっていた。
クモマハナカミキリでも居ないか・・・と探してみたがそれらしき姿は見当たらず、
またヨツスジハナカミキリとフタスジハナカミキリばかり。
何でこの2種はこんなに多いのか!?と不思議に思うほどだ。
他にも私には同定が困難なピドニアもたくさん居たが、その中で黒褐色で目を引く個体を見つけた。
ネットでアップされている画像を見て、1度自分も出会ってみたいと思っていた種だ。
2対の白い紋が特徴的で可愛いカミキリだ。


1. シシウドに来ていたニセフタオビヒメハナカミキリ。
e0337826_17164203.jpg





2. “偽” ではない本家のフタオビハナカミキリとは、標高と体毛で判断するようだ。
e0337826_17172327.jpg
3. 写真的には本家も偽も変わらない!?ので、私的にはどちらでも良い感じだ(笑)
e0337826_17175176.jpg
標高低い、体毛疎ら=フタオビヒメハナカミキリ
標高高い、体毛密集=ニセフタオビヒメハナカミキリ


ニセフタオビヒメハナカミキリ
Pidonia(Omphaladera) testacea (MATSUSHITA,1933)
カミキリムシ科ハナカミキリ亜科ハイイロハナカミキリ族ヒメハナカミキリ属
体長 : 約6mm
撮影日 : 2015/8/1
場所 : 岐阜県

※他にもピドニアを数種撮影しましたが、私には同定が困難な為、掲載は割愛致します。













[PR]
by umajin2 | 2015-10-12 08:41

前ブログ(デジカメ写真生活)の続きとなりますが、虫に絞った掲載です。 私の散策で見つけた虫は、“採り”より“撮り”優先です(^^) なるべく綺麗に撮影し、紹介出来ればと思っています! 素人ですので、同定に誤りがありましたら優しくご教示ください(^^;


by うまじん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31