カラフトヒゲナガカミキリ

この土場を散策中、息子が飛来したカミキリを見つけた。
前記事のシラフヒゲナガカミキリと姿形は似ているが、それよりずっと小さく、斑紋の入り方も異なる。
名前のカラフトは、樺太にも生息することから名付けられたと思われるが、
遥か北にもカミキリがいるものなんだと、改めて知ることとなった。
今まで樺太と聞くと、カラフトマスが初めに思い付いたが、これからはこのカミキリが最初になりそうだ。



1. アカマツの材に飛来したカラフトヒゲナガカミキリ。
e0337826_23392313.jpg




2. 頭部と胸部の斑紋は、赤みが掛かっている。
e0337826_2340015.jpg

3. 粘ってみたが、お決まりのポーズは見れなかった。
e0337826_23402572.jpg

カラフトヒゲナガカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
撮影日 : 2015/7/12
場所 : 山梨県甲州市
[PR]
Commented by かえで☆ at 2015-08-28 10:32 x
今朝はゆっくり拝見させて頂いています。ヾ(´ー`*
こちらもヒゲナガさんですか~カラフトの冠が付くとはね♪
小さそうなのに やっぱり博士君のお手柄ですね。
umajinさん~一つお願いがあるんですが…(^人^)
出来たら写した時の、個体の凡その大きさも書いて欲しいです。 
Commented by umajin2 at 2015-08-29 12:21
かえで☆さん、こちらにもコメントありがとうございます!
“カラフト”と付くとなんだかちょっと違う感じがしますね。
息子と虫探しをしていなければ、収穫は半分以下でしょうね(苦笑)
>出来たら写した時の、個体の凡その大きさも書いて欲しいです
そうですね。
写真ですと、最大級のシロスジカミキリも極小のヒシカミキリも皆同じに見えますよね。
次から凡その大きさを記しておきますね!
名前
URL
削除用パスワード
by umajin2 | 2015-08-20 12:34 | Comments(2)

子供との虫散策日記のようなものです。                                                                  備忘録として・・・。


by うまじん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30